読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えている vs 考えが文字化できている

 

考えていても、その考えが実はまとまっていないことが多かったりする。

 

例えば、誰かに「あなたの夢はなんですか?」と聞かれて、はっきりと答えられない。

こっぱずかしいとかもあるけれど、なんだかすっきりと答えられなかったりする。

 

でも頭の中では、「将来家庭を持って、子供がいて、仕事が充実して、仕事が充実してて」なんてことを考えている。

決して何も考えていないわけではない。

 

 

なぜはっきりと答えられないのか。

考えがまとまっていないからだ。

 

考えを文字化するという作業がこのときとても助けになる。

客観的に自分が考えていることを、俯瞰できる。

「あれ、なんで自分はこう思ってるんだろう?」とか「何がきっかけでこう思ったんだっけ?」とか、さらに自分の思考の深堀りをする手助けになったりする。

 

文字化作業ができているかできていないかで、思考の整理のクオリティーが変わり、面接などで差が出る。

考えることは簡単かもしれないが、考えた内容をまとめること、考えを深堀ししっかりと自分の考えとして確立させることは骨が折れる。

骨が折れることほど、やってみる価値がある。自分の成長の助けにもなる。