ベニリンゴのときめく部屋づくり

弟と二人での実家暮らしから、1人暮らしへ。実家の大片付け&大掃除、そして新しい新居をときめく部屋にします!片付け、引っ越し、インテリアの事を、書いていきます!

転職をきっかけに

 

2019年、年が明けてすぐ、転職活動を始めました。

 

今の仕事に大きな問題があったわけでも、

行きたい会社があったわけでもないんですが、

一緒に働いていた元上司からのふとしたコメントがきっかけで、

転職活動を始めました。

 

すると、あれよあれよという間に話が進み、

とてもいい会社と巡り合うことに。

 

そして転職を決断。これが3月末。

退職届4月中旬に提出し、そこから1ヶ月は引き継ぎ等も含め今の会社で働き、最終出勤日は5月中旬。

そこから約1ヶ月の有休消化で、転職先の職場は6月中旬からスタート。

 

今の仕事は退職届を出してからは、引き継ぎのみとなり仕事量も減り週2〜3日出勤に。

 

有休消化を合わせると1.5ヶ月近い長い休み。

 

この長い休み、せっかくの貴重な機会。

私は何をしたいんだろう、とじっくり考えてみたとき、出てきた答えが「実家大掃除」そして「引っ越し」。

 

私は現在、弟と二人での実家暮らし。

実家といっても両親と住んでいるわけではなく、弟との二人暮し。

母は病気で8年前に他界。

父は、母との思い出いっぱいの実家に住み続けることがつらく、母が亡くなって数年後、家の近くにアパートを借りて一人暮らしスタート。

ということで、今は核家族が住めるような一軒家に弟と二人。

 

弟と私はどちらも仕事が忙しく、普段はほとんど家にいない状態。

なので、家は割と綺麗。

母親の遺品も服などはとっくに整理していたので、そこまで物が多いわけではないものの、それでも母の趣味のものなどがたくさん残っている状態。

屋根裏部屋や物置・押入れに何が収納されているのか、ほぼ把握していない状態。

 

そのことが、なんとなーく、ずっと心にひっかかていて、いつか綺麗にしなければと思っていました。

 

私は今回引っ越しをし、そしたら実家に帰ってくることはまずない。結婚したとして、そのまま相手と一緒に住むでしょう。

その上、弟にも早く結婚してほしいので、

実家の家が大好きな弟がそのまま奥さんを実家に迎えて、

新しく家庭をスタートするためにも、

私が私の両親の世代のものを全て綺麗に整理整頓しておくべき。

 

そしてそのタイミングは今しかない!

まさに「いつやるの、今でしょ!!!」状態。

 

そして大掃除を決断!

不要なものは全て捨て、そして新しい部屋へ引っ越す。

これが私の休みにしたいことだ!と決まれば簡単。

あとはやるだけ。

ということで、先月の終わり(正確には4/20)から、大掃除を始めています。

 

大掃除をする上で参考にしてるのが、近藤麻理恵さんのときめき片付け法。

この方法が素晴らしく、ときめきを大事にしながら大掃除をすること3週間、かなりの効果がでてきています。

まだまだかかるけど、終わり決まるまでがんばりたいと思います!

 

このブログにはその記録をできるだけ書いていきます。